Sponsored link

« | »

2013.05.03

アジ活かしクーラーボックスの水質浄化泡除去器 プロテインスキマー 試作 製作 テスト1

アジ活かしクーラーボックスの水質浄化泡除去器 プロテインスキマー考察」の続きです

一先ず、アジカンの泡除去器を作成するのに手元に無い材料は最寄の100均にて入手

チャチャッと試作したのが↓

○自作プロテインスキマー零号機(Protein Skimmer-00 PROTO TYPE)
プロテインスキマー零号機(Protein Skimmer-00 PROTO TYPE)



胴体部分も二層構造で、胴体下部からキレイになった水を排出する形になってます。

動作テストはマズマズ!?

汚れの泡は、乾いた硬い泡でもう少し湿ってても良いかなって感じ

ただクーラーボックスの蓋を閉めるとオーバースキームになる様で、

サイフォン式の汚れた泡の排水チューブから海水がチョロチョロと出て来てました。

ただ、全高 284mm X 最大幅 87mm とクーラーボックスの容量としてはデカイ気がする

ので、小型化してみました↓

○自作プロテインスキマー初号機(Protein Skimmer-01 TEST TYPE)
自作プロテインスキマー初号機(Protein Skimmer-01 TEST TYPE)

全高 284mm X 最大幅 87mm と数値的には変わりませんが

本体をなかやnさんの泡除去器と同じ素材に

最寄の釣具屋フィッシング&レジャー ナニワさんで、筒状の浮きを入れるケースを購入

ただ直径35mmの物が無かったので、

40mmと29mmの物を二種類

外側パイプ下部に綺麗になった海水を排水する予定での9mmの穴を二つ開けました

結果は…

汚れの泡はパイプ上部には達するものの、ソコから上部の泡の受け皿にフローする事無く停滞

外側パイプ下部に開けた穴からは気泡満載の海水が排出されまくり

アジクーラー内にはネバネバが漂い、海水が浄化されてる雰囲気は無い様でした。

ココまでの検証環境として。。。

アジクーラーボックスの中に入れた生態は、鯵では無くてキス(鱚)五匹とコチ(鯒・ガッチョ)一匹 = 釣果
キス(鱚)五匹とコチ(鯒・ガッチョ)一匹 = 釣果

クーラーボックスの内の海水面は画像に写りこんでいる温度計より

約10mm上

反省・改善点として。。。

自作プロテインスキマー零号機(Protein Skimmer-00 PROTO TYPE)は

マズマズとしたので

自作プロテインスキマー初号機(Protein Skimmer-01 TEST TYPE)は外側パイプ下部に

開けた二つの排水用9mm穴が余計だったのか

両方とも、使用したぶくぶくは携帯用乾電池式エアーポンプ ATOM(アトム)4(40cmの水深で500cc/分) X 2 で、
ストーンはブクブクをの購入時に付いてあった物を一つ装着

参考:携帯用乾電池式エアーポンプ ATOM(アトム)4 by 楽天

改善点は多々有るかと思いますが(^^A

アジ活かしクーラーボックスの水質浄化泡除去器 プロテインスキマー 試作 製作 テスト2」に続く…


スポンサーリンク

関連してそうな記事

Trackback URL

Comment & Trackback

No comments.

Comment feed

Comment





XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

カスタム検索